2005年10月08日

リズ死の準備!?重いうつ病で自宅にこもる

実は私は映画をあまり観ません。

映画館に行くのは、私にとってオリンピックと同じで4年に一度観るぐらいです。
(オヤジギャグですみません)
ましてテレビの映画(BSシネマとか日曜洋画劇場とか)はまず観ません。

特別の理由はないのですが晩酌をしていると10時・11時になる前に寝てしまうからです。
当然エリザベス・テイラー知りません。

ところが、そんな私がタイトルに「馬」とかジャケットに「馬」が載っているのを見つけると必ず観ます。

最近、映画館で観たのは「シービスケット」です。
ビデオテープでは、ほとんどの西部劇を観ました。

DVDでは映画館で観たものの見直しを含めて、
「黒馬物語」
「ランニングフリー」
「オーシャンオブファイヤー」
「ラストサムライ」
「シービスケット」
「モンタナの風に抱かれて」
「11人のカウボーイ」
「明日に向かって撃て」
「ブロンコビリー」
などなどですが・・・

そんな中、今年になって今から60年前に撮られた原題「NATIONAL VELVET」邦題「緑園の天使」を観たのです。

「イギリスの片田舎に住む12歳の美少女ベルベット(エリザベス・テイラー)とそこに移り住むことになった少年マイ。それまで荒んでいたマイの心が、ベルベットの優しさで癒されていくというストリーです。」

当時12歳のエリザベス・テイラーが実に生き生きと役柄を演じきっていました。


月日が流れて今現在、5月に愛犬が死んでから重いうつ病にかかって自宅にこもりきりになったとのことです。

他人事ではありませんね。
ひとは必ず年老いていきますが、ココロは元気でありたいものです。

がんばれ リズ!!


url=http://item.rakuten.co.jp/s-premium/art32/" target="_blank">●お買い得名画シリーズ緑園の天使<日本語字幕収録>

●お買い得名画シリーズ緑園の天使<日本語字幕収録>





TOPページ
posted by dragon&大仏 at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | ココロの健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

うつ病
Excerpt: うつ病うつ病 (うつびょう、鬱病、英depression) とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安、焦燥、精神活動の低下などの精神的症状、食欲低下や不眠といった身体的症状などを特徴とする精神疾患..
Weblog: 心理学探究
Tracked: 2005-10-13 12:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。